F様邸新築工事

山形県天童市
木造2階建て住宅・在来工法
延べ床56.46坪
H21年9月完成
【正面図】
写真 「第二の人生のための住宅」という前提の下に、御主人からはバーベキューを楽しみたい、奥様からは暖かい家でガーデニングなども楽しみたい、そして子供たちはそれぞれ独立が近いので最小のスペースで、との御希望により設計施工を任されました。
玄関脇・居間の前に雨天を気にせず気楽にアウトドア気分で焼肉、ガーデニング作業などが出来るような大きな土間スペースを設けました。 これからは、椅子に座りゆったりとした気分で雨を楽しむことも出来るのではないでしょうか。
同じく2階にも広いバルコニーを設けて、個々のスペースが小さい分、互いに交流できるような場所として利用いただきたいと思います。
仕様については、オール電化仕様で、断熱仕様は基礎断熱、壁は発泡ウレタンの充填、天井は200mmのブローイングによる高断熱仕様にして、床下にシーズヒーターを設置して全体を暖める工法を採用しております。
工事期間中は、何度も奥様と打合せをしながら細部を決定していきましたが、最後に家作りはこんなに楽しいものなのかと喜んでいただきました。
近年、すべてお任せの風潮がある住宅業界ですが、自分の意思で家作りをしたいと思うお客様を大事にして、若い人にも家作りは楽しいものということをわかってもらえるように努力していきたいと思っています。