丸七建設株式会社

写真イメージ

Recruit

採用情報
先輩社員の声_1
先輩社員の声_2
募集要項

先輩社員が
それぞれのフィールドで活躍しています

地域の暮らしを支える
インフラをつくる仕事。
現場経験を重ね、幅広い技術力を
身に付けたいです。

工務部土木課

T.Y

山形工業高等学校
土木環境システム科土木技術コース
2017年入社
1級土木施工管理技士

志望動機と現在の仕事内容

実家が建設業を営んでおり、土木系の職人さんたちの姿を見て育ちました。その影響なのか幼い頃から土の匂いが好きで、ずっと外遊びをしているような子どもだったので、この仕事を選んだのは必然だったのではと思います。高校卒業後は実家の会社に10年ほど勤めていましたが、丸七建設に勤務する友人の結婚式に出席したとき、職場の来賓として招かれていた丸七建設の人たちのアットホームな関係性に魅力を感じ、自分の仕事の幅を広げたいと考えていた時期だったため思い切って転職を決意しました。
現在は土木課として、道路など社会基盤となるインフラをつくる公共土木を中心に、民間土木(宅地造成、地盤改良など)や、建設外構工事の施工管理を行っています。日々現場に出て工事写真撮影をしながら出来形、品質などをチェックしています。自分のつくった道路が地図に載り、何十年と残っていくことは本当に嬉しいですね。なかなか体験できないことだと思います。

仕事の信条と今後の目標

私たちは発注者の現場代理人として、いかに工事を安全に、スムーズに進められるかを第一に考えなくてはなりません。そのために、私は常に職人さんたちの立場に立つことを意識しています。現場では職人さんたちが仕事しやすい環境を作ることが一番大切。しっかりとした施工計画を立て、余裕を持った材料手配はもちろん、さまざまな場面で早め早めの行動を心がけています。
今後の目標は、もっと技術力を身に付けて、オールマイティに仕事ができる人になることです。この業界は現場での経験がそのまま成長につながります。施工管理技士の資格も一定以上の実務経験がなければ受けることができませんから、とにかく多種多様な現場経験を積むことが重要です。その上で、いつか橋やダムなど、経験したことのない大きな規模の工事を手掛けてみたいですね。

photo
1日のスケジュール
   
  7:45 出社
7:50 打合せ
職人さんたちと今日の工事の予定を確認します。
8:00 現場対応
工事が計画通り進んでいるか確認し、現場の写真を撮影します。
12:00 昼食休憩
基本は給食弁当ですが、たまに近くのお店に食べに行くことも。
13:00 現場対応
午後も現場に出ています。コミュニケーションを大切にしているので、休憩中も職人さんの輪の中にいることが多いです。
17:00 取りまとめ、明日の準備
事務所に戻り、写真の整理や明日の作業予定の確認、資材発注など、
デスクワークを行います。
18:00 帰宅
photo
オフの過ごし方
arrow

2歳になる子どもと公園で遊んだり、車好きなので一緒に消防車や救急車を見に行ったりしています。私は外で過ごすのが好きで、若い頃は友人たちとよくキャンプに行っていたので、子どもがもう少し大きくなったら一緒に連れていきたいですね。

photo
メッセージ
arrow

建設業は「きつい・厳しい・汚い」のいわゆる3Kのイメージがあるかもしれませんが、実際はとても楽しく、やりがいのある仕事です。構造物が完成したときの達成感は何物にも代え難く、地域を支えているという誇りを持って仕事に取り組むことができますよ。

image